パソコンによる肩こりでお悩みの方におすすめしたい!姿勢矯正グッズ

デスクワーク中心でパソコンによる肩こりに悩まされている方に
ぜひとも会社でも家でも使える「姿勢矯正グッズ」をおすすめしたいと思います。

私も会社ではパソコン作業ばかりで、ずっと肩こりに悩まされてきました。
特にノートパソコンだったため、画面を覗き込むような姿勢になり悪化する一方でした。

ノートパソコン

以前こちらのサイトでもご紹介した「PCスタンド」を使用することでだいぶ楽になりましたが、根本的に姿勢を矯正するグッズを組み合わせることで、さらに改善されましたので、
ぜひご紹介したいと思います。

おすすめPCスタンドの記事はこちら↓

パソコンによる肩こり解消グッズ|おすすめPCスタンド紹介

スポンサーリンク

パソコンによって肩こりを引き起こす原因とは

そもそもなぜパソコン作業をすると肩がこりやすいのでしょうか。


人によっては全く肩が凝らないという方もいますが、私の周りの人はほとんどの方が
肩こりに悩まされています。

原因その1:長時間同じ姿勢でいることが多い

デスクに座ってパソコン作業をする場合、ほとんど動いている部分といえば、
キーボードをたたく手くらいですよね。


長時間同じ姿勢でいることで、体の一部しか筋肉が使われなくなります。

そして、パソコン画面を覗き込むように首が前に突き出した状態を続けていると、
肩の周りの筋肉が緊張して血流が悪化します。
その結果、必要な酸素や栄養分が行き渡らなくなり、老廃物や乳酸がたまって肩の神経を刺激します。
それが肩こりとして症状に現れるのです。

原因その2:猫背による身体の歪み

パソコン画面を覗き込むことで、肩が前に入り背中が丸くなることで猫背姿勢になってしまいます。
そうすることで、首や肩、また腰への負担が大きくなります。

首への負担

例えば首にかかる重さは、正常な姿勢と比べて、頭がたった2.5cm前にでるだけで、12キロの重りをぶら下げているのと同じくらいの負荷がかかっていると言われます。
また、10cmも前にでてしまうと、その重さは倍の24キロにもなります。

これだけの重さを支えるために、背骨だけでは支えきれず、首や肩の筋肉で支えるため、首こりや肩こりを引き起こしてしまいます。

みなさんの普段のパソコン姿勢はいかがですか?

実は猫背になると、首こり肩こりだけでなく、腰痛にもつながります。

猫背の腰への負担

立ち姿勢に比べて座った状態の姿勢は、1,4倍もの負荷がかかります。
さらに、背中がまるまった猫背姿勢になると、なんと立った状態の2倍もの負荷が腰にかかってしまうのです。

パソコンによる肩こりを解消するためには、なるべく長時間同じ姿勢にならないよう、
軽いストレッチを挟んだり、そもそものパソコン姿勢を美しく保つことが重要です。

スポンサーリンク

オフィスで簡単にできる肩こり解消ストレッチ

長時間同じ姿勢を続けることで、どうしても筋肉が凝り固まってしまいます。
かといって、仕事中にがっつり全身のストレッチは難しいし続かないですよね。
そこで、簡単にできる肩こり解消ストレッチをご紹介します。

①腕のコリをほぐす「腕ストレッチ」

パソコン作業により、腕の筋肉の疲労が蓄積されると、それが肩周りの筋肉へ負担をかけ、肩こりにつながります。そのため、まずは腕のストレッチをしましょう。

腕ストレッチ
出典:http://www.smilebody-seitai.com

最初は、左右計6ヶ所を各30秒程度つまんでほぐします。
慣れてきたら、凝っている箇所のみ念入りにおこないます。

②腕・手首のストレッチ

腕と手首の凝りは、肩や背中・首などの筋肉に負担をかけ、肩こりの原因になります。

腕と手首のストレッチ
出典:http://www.smilebody-seitai.com

手を持ち上げて10秒程度保持し、それを左右各1回行います。
慣れてきたら、20~30秒程度を数回行います。

③鎖骨・肩甲骨周辺の筋肉をほぐす「肩のストレッチ」

「肩甲骨を正しい位置に戻す」ことが、肩こり解消のポイントになります。

パソコン作業などで前傾姿勢になると、肩甲骨が前側の筋肉に引っ張られて緊張し、肩こりや背中
のこりの原因になります。そのため、鎖骨周辺と肩甲骨周辺の筋肉をほぐしましょう。

鎖骨と肩甲骨ストレッチ
出典:http://www.smilebody-seitai.com

鎖骨の下を優しく押してほぐしていき、左右それぞれ行います。
腕回しは、ゆっくりと両腕を一緒に10回、後ろ回しします。

④脇の下・肩のストレッチ

肩甲骨や鎖骨の周りの筋肉をほぐした次は、肩甲骨を引っ張っている筋肉をほぐします。

脇の下ストレッチ
出典:http://www.smilebody-seitai.com

顔を正面に上げて10秒程度保持し、左右各1回行います。
慣れてきたら、20~30秒程度・左右各1回を1セットとして、数回行います。

⑤肩甲骨のストレッチ

肩甲骨を元の位置に戻すストレッチを行います。

肩甲骨ストレッチ
出典:http://www.smilebody-seitai.com

腕を上げて10秒程度保持し、慣れてきたら、20~30秒程度数回行います。

仕事中に肩や首のコリがきになったら、合間の時間で①~⑤のストレッチを順番に行うことで
すっきりしますよ。

スポンサーリンク

オフィスで使える姿勢矯正グッズ紹介

肩こりは、猫背などの悪い姿勢によって引き起こされます。
しかし、日頃から良い姿勢を意識するのは難しいですよね。

そこで、普段の生活に取り入れて簡単に姿勢を矯正グッズをご紹介します。

ぜひ肩こり知らずの身体を目指しましょう!

身に着けるだけで姿勢矯正できる「Style BX」

プロサッカー選手である長友佑都選手と共同開発された、
正しい姿勢をサポートするだけでなく、体幹まで整えることができる商品です。

■価格5,800円(税抜)2色(ブラック・ピンク)3サイズ(S/M/L)

なかなか意識だけでは正しい姿勢を維持できませんよね。
そんな時、このStyleBXを身に着けることで、美しい姿勢を習慣化させることができます。

身に着けると自然に胸が開き、背骨が美しいS字ラインになります。

こういった商品は、姿勢矯正力も重要ですが、長い時間つける場合は
付け心地も重要ですよね。

快適に心地よくつけられるように、StyleBXはわきの締め付けを防止し、
肌ざわりのよいクッション性のあるパイル生地でできています。
締め付けすぎず、着けていても全く苦しくないので驚きです!!

厚みもないため、アウターに響かないようになっているのもうれしいポイントです。

公式サイトでは、使い始めは15分程度で、慣れれば1日8時間程度の使用を推奨しています。
運動時は使用禁止となっているので注意してください。

サイズの選び方

S/M/Lの3サイズがあります。それぞれ胸囲のサイズに合わせて選びます。
女性の場合は、アンダーバストのサイズを参考にします。

S(胸囲62~79cm)
M(胸囲76~93cm)
L (胸囲90~104cm)

お手入れ方法

中性洗剤で手洗い(押し洗い)してください。洗濯後はすぐに形を整えて、陰干ししてください。

StyleBXの公式サイトはこちら↓
style bx

長友選手がTwitterに投稿してます。

椅子の上に置くだけで姿勢矯正「ボディメイクシートStyle」

オフィスの椅子の上に置くだけで、整体のメソッドを応用して簡単に姿勢矯正できる商品です。

■価格7,800円(税抜)5色(レッド/ブラウン/ブラック/ディープレッド/ディープブラウン)

座るだけで自然とパソコン姿勢も矯正されるのでおすすめです。
デザインもスタイリッシュでおしゃれなので、オフィスでも家でも使いやすいです。

すわり心地は、自然に腰を押されるので、辛くなく座りやすいです。
腰を支えて負担を軽減する形になっているので、腰がつらい方にもおすすめです。

ボディメイクシートStyleの公式サイトはこちら↓
Style

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?
パソコンによる肩こりの原因は、
・長時間同じ姿勢でいること
・猫背になることで身体が歪んでしまう

にありました。
解消するには、簡単なストレッチをしたり、
姿勢を矯正するグッズがおすすめです。

着るタイプなら⇒身に着けるだけで姿勢矯正できる「スタイルビーエックス
椅子タイプなら⇒椅子の上に置くだけで姿勢矯正できる「ボディメイクシート スタイル

ぜひ一度試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です