似合うチークの塗り方|30代からやってはいけないNGメイクとは

30代女性のみなさん、もしかして20代の時からメイクの方法を変えていない・・・

なんてことはないですか??

心当たりのある方は、今すぐ現在のメイク方法を見直すことをおすすめします!

なぜでしょうか?

薄々気づいていますよね。

そう、確実に20代の時とは違うんです!!

衰えちゃってるんです。いろいろと・・・

それを加味せず同じメイクをしていては、魅力が半減してしまいます。

では、魅力的な30代になるには、どんなメイクがいいのでしょうか。

まずはチークの塗り方からご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

30代からやってはいけないチークの塗り方

メイクの中でも、チークは30代メイクにとって非常に重要なパーツです。

なぜなら、チークはポイントメイクの中で最も範囲が広いからです。

つまり、良くも悪くもチークの塗り方一つで大きく印象が変わるのです。

20代と30代のお肌の違いを理解せよ

そもそも、20代と30代では何がそんなに違うのでしょうか?

ひとことで言ってしまえば老化ですが、代表的な変化が3つあります。

原因1.水分量の低下

hada_suibunryou
出典:http://moisture-retention
上のグラフを見ると、青色の水分量は右肩下がりで一気に減少しています。

水分量が減少すると、肌は乾燥しカサカサに。

また、肌つやがなくなり、くすみやすくなります。

原因2.コラーゲン生産量の低下

img_111lws02

コラーゲンは年齢とともに急速に減少し、なんと30代で生まれた時の半分以下にまで減少してしまいます。

コラーゲンが減少することで、お肌のハリが失われます。

すると、目じりのしわやほうれい線、フェイスラインのたるみなどを引き起こすのです。

原因3.ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは、お肌の生まれ変わりの周期のことです。

一般的に理想的な周期は約28日間と言われています。

では、年齢とともにターンオーバー周期はどのように変化するのでしょうか。

1061-simius02-photo2

出典:http://www.skincare-univ.com

なんと、20代は理想の28日間であるのに対し、30代から大きく伸びています。

周期が長くなることで、いつまでも古い細胞が肌にのこり角質層が厚くなります。

すると、肌トラブルの原因になったり、シミやくすみもでてきます。

これらの原因を踏まえると、

チークのベースになる「肌の質感」「肌の色」「頬の位置」が確実に変化しているといえるでしょう。

  • 肌の質感⇒ツヤがなくなった
  • 肌の色⇒くすんできた
  • 頬の位置⇒ハリがなくなり下がってきた

この変化に対して、チークの質感、色、入れる位置を変えないといけないのです。

チークはすでにポイントメイクではない

30代のお悩みとして、まずは顔色の問題があげられます。

ツヤがなくなりくすんでしまっている時点で、チークは可愛くみせるポイントメイクではなく、顔色をよくするベースメイクといっても過言ではありません!!

  • 境目がはっきりわかる(おてもやん)
  • チークが濃い

これはNGメイクです!!

肌の血色が自然によく見えるようにいれましょう。

ブラシにチークを取った後、必ず一度ティッシュオフしてから塗るのがポイントです。

IMG_2914

流行色にとらわれず、似合う色のチークを選ぶ

ピンク系、オレンジ系、レッド系、ベージュ系などチークの色は様々。

やってはいけないのは、似合わない色をつけるということです。

似合わない色を付けると、顔色はもっと悪くなります。

逆を返せば、似合う色をつければ顔色がパッと明るく華やかにみえます。

似合う色がわかるパーソナルカラー診断

パーソナルカラーとは、「似合う色」のことです。

もともともっている肌の色、瞳の色、髪の色などで判断していきます。

色相(色味)、明度(明るさ)、彩度(鮮やかさ)、清濁(透明感や濁り感)の4つの観点から似合う色を探していき、通常はドレープと呼ばれる色の布を当てることで、顔色の変化をみて段階的に選んでいきます。そして最終的に、4つのシーズンカラーに分類されます。

img_c_drape01

出典:http://www.iro-iro.com/color-drape/

4シーズン分類は、色を特徴ごとに4つのグループに分け、イメージしやすい季節の名前をつけたものです。それぞれのグループの色は以下のような特徴をもっています。

【春】

・ベースに黄色みを感じる色
・明度(明るさ)の高い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の高い色が多い

【夏】

・ベースに青みを感じる色
・明度(明るさ)の高い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の低い色が多い

【秋】

・ベースに黄色みを感じる色
・明度(明るさ)の低いい色が多い
・彩度(鮮やかさ)の低い色が多い

【冬】

・ベースに青みを感じる色
・明度(明るさ)の低い色が多い
・彩度(鮮やかさ)の高い色が多い

出典:http://blog.maruyasu-fil.co.jp/archives/8473

基本 CMYK

出典:http://shiarico.com

☆WEBで簡単に診断するならこちら☆

今すぐパーソナルカラー診断

タイプ別似合うチークの色

【春タイプ】

春コーラルピンクやサーモンピンクなど、少し黄みよりのピンクや、オレンジ系のレッドがおすすめです。

【夏タイプ】

夏

基本的に淡いピンク系が似合います。少し青みがかったローズ系もおすすめです。

【秋タイプ】

秋

ベージュ系やコーラルピンクなど少し落ち着いた色が似合います。

【冬タイプ】

冬

鮮やかでくすみのない、青みがかったピンクが似合います。

まとめ

このように、タイプによって似合うチークの色は異なります。チークを塗った時に、顔色があまりきれいにならない場合は、似合わない色の可能性があります。ぜひこの機会に今使っているチークの色味を確認してみましょう。

 まんまるチークを卒業

頬の高いところに丸く入れたチークは、確かに可愛いですが、だんだん似合わなくなります。

ポイントで入れるのではなく、骨格を意識して塗ることが重要です。

IMG_2920

【チークを入れる位置のポイント】

  • 瞳より中心にはチークを入れない
  • 頬骨に沿って耳の前まで入れる
  • 必ずまわりをぼかす
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

20代と比べて30代は、肌の水分量やコラーゲン量が減少するので、ハリ・ツヤがなくなり、くすみがちです。そこをチークでカバーするのです!

  • チークは顔色をよくするためのベースメイクと考える
  • 似合う色のチークを選ぶ
  • チークは丸くポイントでいれるのではなく、頬骨に沿ってぼかしながら入れる

ぜひ、実践してみてください☆

きっと、30代にしか出せない大人の魅力を引き出せるはずです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です