【足の臭いの原因とは?】すぐにできる足の臭い対策

どんなに魅力的な人でも、足がくさいと台無しですよね。
飲み会がお座敷で靴を脱がないといけない時、マッサージに行った時など。
「くさいのがバレたらどうしよう・・・」
こんな経験がありませんか?
実際に、足のにおいで悩んでる人はどのくらいいるのでしょうか?

足アンケート

出典:http://www.dreamnews.jp

◆男女ともに約半数以上が足のにおいを気にしている

20代~60代の男女600名に行ったアンケート調査では、なんと56%の人が自分の足のにおいが気になると答えています。

◆「毎日同じ靴を履く」「食生活が不規則」「足に合わない靴を履く」「足の角質ケアをしていない」「よく緊張する」と答えた人は、足のにおいが気になる傾向にある

すべての項目において、当てはまる項目がない人は、足のにおいが気になったことがないと答えています。逆に、足のにおいが気になっている人は当てはまる割合が多い結果となりました。

このアンケート結果から、靴や生活習慣などが、足のにおいに関係していることが予想されます。これをもとに、足がにおう原因と対策を解説したいと思います。

スポンサーリンク

足がにおう原因

では、そもそもなぜ足がにおってしまうのか、原因からみていきたいと思います。
足がにおう原因は、大きく3つあります。

1.汗

足の裏には汗をかく汗腺がたくさんあると言われています。その量は、1日に約コップ1杯分もかくと言われています。ブーツやレインブーツなど、通気性の悪い靴を履くことによって汗をかいたまま放置すると、皮膚に存在する「皮膚常在菌」によって分解され、においが発生します。

2.角質

皮膚が生まれ変わる際に古くなって剥がれ落ちる表皮を「角質」といいます。この角質は、足のにおいを発生させる菌のエサになります。靴を長時間履くことでムレて柔らかくなった角質は、増殖した雑菌がどんどん分解してしまい、嫌なにおいを発生させます。

3.靴

靴の中は群れやすく、雑菌が繁殖してしまいます。雑菌にとっては、靴の中というのはひと肌温度で湿度が高いので、非常に活動しやすい環境です。

  • 1日中同じ靴を長時間履き続ける
  • ブーツやレインブーツなど通気性の悪い靴で、常に蒸れている
  • 靴のサイズがあっていない⇒合わない靴を履くと、足が緊張して汗の量が増える
  • 毎日同じ靴を履いている⇒雑菌がどんどん繁殖していく

こういった原因により、靴の中は雑菌でいっぱいになってしまいます。

まとめ

足のにおい対策をしていないと、汗、角質、靴によって、菌がどんどん繁殖してしまい、においの原因になります。

夕方の足は朝よりも23倍くさいというデータもでています。

ケアをしてないことにより、菌の数が23倍に増殖してしまうのです。

002l

出典:http://news.mynavi.jp

スポンサーリンク

足のにおい対策

足のにおい対策には、しっかりとケアすることが重要です。ここから、原因にあわせたケア方法を順番にご紹介します。

1.足のケア

足のにおいを改善するために、まず足自体のケアを行います。洗ってもなかなかにおいが消えない人は、しっかりとケアをしながら、においにくい足にしていきましょう。

重曹足湯

重曹足湯とは、炭酸水素ナトリウムともいわれる重曹を、お湯を張った洗面器に小さじ一杯程度入れたものです。重曹は、足がにおうもとになる菌に効くと言われており、消臭効果もあります。また、重曹足湯は、肌がすべすべになりかかとの角質が落ちたり、血行もよくなるなどのメリットもあります。

足のにおいを消す石鹸

足のにおいを消すには石鹸が有効です。石鹸はにおいの原因である雑菌や古い角質を取り除いてきれいにしてくれます。おすすめは殺菌タイプの固形石鹸です。ボディソープなど保湿効果があるものを使用してしまうと、かえって蒸れやすくなってしまうので注意です。

制汗剤クリーム

足のにおいの元になる汗を抑えるクリームを、足の指の間に塗ることで、さらさらになり蒸れを防いで、においを抑えることができます。

デオナチュレ足指さらさらクリーム(30g)薬用デオドラントフットクリーム【医薬部外品】

出典:http://item.rakuten.co.jp

デオナチュレ 足指さらさらクリーム 30g 880円

パウダースプレー

におい菌をケアしてくれるパウダースプレーは、消臭効果とさらさらにしてくれるので、足のにおいケアにおすすめです。スプレーなので簡単につけることができます。

SHOHIN_PL_C1_708501_pc

出典:http://www.shiseido.co.jp

足のニオイ菌を断つ。速攻サラッサラ、足専用デオドラントフットスプレー142g 1100円

2.靴のケア

一度臭くなってしまった靴には菌が繁殖してしまっています。繰り返し履くことにより、どんどんにおいが強くなってしまいます。では、一度臭くなってしまった靴は捨てるしかないのでしょうか…。

安心してください。家にある簡単なもので靴のにおいを消すことができます。

新聞紙をつめる

新聞紙のインクには消臭効果があり、また靴の中の湿気をとってくれる効果があります。脱いだ靴の中に、新聞紙をまるめて入れておきましょう。

靴を冷凍庫に入れる

においが気になる靴は、冷凍庫にいれることによって、においの元である菌が死にます。よってにおいが消えます。

  1. 靴を乾燥させておく
  2. ジップロックのなかに靴をいれる
  3. 冷凍庫に入れて一晩おいておく

簡単にこれだけで靴のにおいが消えますので、ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

  • 足のにおいの原因は、汗と角質が混ざり合い、菌が増殖することによっておこります。
  • 足のにおい対策は、足のケア(消臭、殺菌、汗を抑える)と、靴のケア(湿気をとる、菌を殺す)が有効です。

足のにおいは人の魅力を半減させてしまいます。ぜひ足のにおい対策をして、靴をぬぐシーンでも自信をもって素足になれるようになりましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です